おしろやまちゃんの水耕栽培,ピンク農法,グリーン

アクセスカウンタ

zoom RSS ビニールハウスその後 剪定?

<<   作成日時 : 2010/09/08 17:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月中旬のこと,さすがにビニールハウス内が暑苦しく感じました。実際,猛暑のためほんとうに暑い(屋根付近は40℃超。)のですが,そうではなくて,アイコとフルーツゴールドギャバリッチを全く伸び放題にしていたため,写真の通りになっていました。見るからに暑苦しく,屋根の内側にくっついた花芽は枯れていました。これではいけない。

画像


そこで,ごきげん野菜の店長さんにお尋ねしたところ,
「…今後の伸ばし方ですが,少し剪定しないとハウス内におさまらないですよね。これだけジャングルのようになると整枝するのも難しいですから,混みすぎたら剪定,混みすぎたら剪定の繰り返しになると思います。着果は暑さがおさまればまた実がつきはじめると思います。それまではトマトトーンを早朝にかける方法で着果させてみてください。…」
とのことでした。

そこで,やってみました。分からないなりに。
方針その1
ハウスの屋根付近の先端が枯れているところは剪定する。摘芯も?
方針その2
枝や葉の2割程度は剪定して,風通しをよくする。
方針その3
上の部分が特に密集しているので,枝を下に垂らすようにする。

その結果はこうです。

画像


たぶん切っていいところ悪いところがあると思うのですが,剪定の知識がないので気持ちの向くまま,好き勝手に切っています。
あまり変わり映えしない感じですが,とりあえず見通しは良くなりました。
10月に入ったら,ハウスのサイドをビニールで囲い,普通のビニールハウスとして使用します。それまでは,少しはみ出している枝はそのままです。
9月8日現在で,フルーツゴールドギャバリッチは約130個(平均50g),アイコは,約800個(平均15g:裂果多いけど12kg)の収穫です。今は,どちらも一休み中ですが,後2週間ぐらいでまた収穫が増えそうです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビニールハウスその後 剪定? おしろやまちゃんの水耕栽培,ピンク農法,グリーン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる